24時間テレビ 放送危機もネットは打ち切り希望の声多数!?

投稿日:

今ネットでは24時間テレビ 放送危機についてのヤフー記事が話題になっています!

 

本年度の24時間テレビの放送について小杉善信社長は

 

「やらないといけないという、我々も使命感を持っておりますので。どういう形になろうが必ずやるという風に考えております

 

と記事内で語っています。

 

とても勇ましい言葉ではありますが、現状だとどう考えても厳しいですよね・・・・しかもネットでは同情する声よりも、圧倒的に批判的な意見が多かったです^^;

 

それでは24時間テレビ 放送危機についての情報や、ネットでの反応をご覧ください。

 

こちらが記事の詳細です↓

24時間テレビ 放送危機についてのニュース記事

「やらないといけないという、我々も使命感を持っておりますので。どういう形になろうが必ずやるという風に考えております」

嵐&関ジャニ∞のメンバーが新型コロナ流行で事務所に「極秘集合」

3月23日、日本テレビのチャリティー番組である『24時間テレビ』の本年度の放送について聞かれた同局の小杉善信社長はそう明言した。

3月23日は20~22日の三連休を終えた直後の月曜日。今でこそ「緊急事態宣言」が全国で出され医療崩壊の瀬戸際に立たされているが、当時は新規感染者の増加カーブが緩やかで、国民にも油断があった。

若者は束の間の自粛解除を楽しみ、大勢が街に繰り出した。結果、感染ルート不明の新規患者が急増。現在の危機的状況を招いてしまった感は否めない。

小杉社長の発言はそんな“浮かれモード”のさなかに行われた定例会見でのものだが、現時点で訂正・撤回はなされていない。

『24時間テレビ』は「愛は地球を救う」のスローガンの下、毎夏様々なチャリティーイベントやマラソン企画でお茶の間を盛り上げてきた。常に20%前後の高視聴率を記録する優良番組で、クライアントも広告を出しやすい。

「視聴率がいいだけでなく、“チャリティー”を謳っているので、番組イメージが良いですからね。ナショナルクライアントがずらりと並び、正直言って“ボロ儲け”。毎年、大きな黒字を出すので、局は是が非でもやりたいんです。コロナは国民全員が共有する危機。それでも、社長は鼻息が荒くなっていたのだと思いますよ」(日テレ関係者)

だが、事態は定例会見当時とは全く次元が異なるレベルになっている。国内感染者は1万人の大台に達することは確実で、死者の数もどんどん増えている。

当初、インフルエンザ級と言われた致死率は、インフルのゆうに10倍はあることが判明。政府は「密閉」「密集」「密接」の“3密”の回避を訴え、全国民に不要不急の外出を控えるよう要請している。

また、メディア業界でも感染者が続出。

テレビ朝日では『報道ステーション』のメーンキャスター・富川悠太アナウンサーが罹患し、スタッフにも体調不良者が続出している。同局はついに4月17日から3日間、東京・港区の本社を“ロックダウン”し、フロアの一斉消毒を行った。

「日テレにとっても対岸の火事ではない。特に報道部員は取材活動があるので、他の業種に比べて感染リスクは高い。公表されないだけで、テレビ業界には“隠れコロナ社員”は相当数いるんじゃないかとウワサされていますよ」(テレビ局関係者)

頼みの綱は特効薬かワクチンがスピード製造されることだが、医療関係者によれば「臨床実験を何度も行わなければならないため、ワクチンの製造は最短でも12~18カ月はかかる」という。『24時間テレビ』が放送される8月下旬の時点で、感染者の数が大幅に減っていたとしても、ゼロにならない限り、オーバーシュート(感染爆発)の危険は付きまとう。

「『24時間テレビ』は、番組の性質上、どうしても身体障がい者や難病を患う方に密着しなければならない。新型コロナが恐ろしいのは、無症状者からも感染するところ。万が一、番組スタッフなどから彼らに感染すれば、持病があったり、免疫力が健常者よりも劣っている分、重症化の可能性が高まる」(同・テレビ局関係者)

そして、出演タレントからもNGが続出することが予想される。

「『24時間テレビ』のメーンパーソナリティーは、例年ジャニーズ事務所のタレントが務めてきた。昨年は嵐、今年はジャニーズいち押し『King & Prince』の抜擢も一部でウワサされていた。それも感染リスクのあるうちはジャニーズ側もOKは出さないだろう。タレントを預かる身としては、リスクにさらすことはできない」(スポーツ紙記者)

こうした状況下であっても、日テレは放送を強行するつもりなのだろうか。

 

世間の皆さんはこの24時間テレビ 放送危機の件についてどんな感想をお持ちなのか!?気になる反応はこちらです↓

24時間テレビ 放送危機についてのネットの反応

使命感というのであれば、交通費などの必要経費以外は、ノーギャラでやればどうですか?
スポンサー収入も全額寄付すれば?
障害のある方に負担をさせ、お涙頂戴的な番組、障害者は可哀想という一種の優越感的な番組作りなど、いい加減やめて欲しい。
まさか、もう、障がい者施設に打合わせや取材に行ったりしていないでしょうね。
例年だと、当日の映像だけではなく、ドキュメンタリー映像もあり、それはだいぶ早くから撮影されていたと思います。
24時間テレワークにすれば良い。出演者各々自宅から放送してマラソンは自宅でランニングマシン。登山は階段のぼりおり。歌は風呂場で熱唱。
コロナ関係なく、チャリティー利権の番組だからな。
これを機に、打ち切りでいい。
お涙ちょうだいの安っぽい番組より有意義な金の使い道があるはず。本当に困ってる人達に役立てる方がよほど好感度が上がるはず
これを機会にくだらない番組、芸能人、文化人が一掃される事を期待します。
企業はもうスポンサーになる余裕はありません。メディアは首を括るか夜逃げの準備をするべきです。
もう打ち切りにしては?

タレントたちの高額報酬も問題視されてきたでしょう
番組自体の存在意義を見失ってませんか?

 

24時間テレビ 放送危機について感想

 

TVが王様だった時代の終わりはもうすぐそこまで来ている感じがしました。

 

高給取りなTVマンはこういった事態の時には批判の対象になりそうです。

 

あなたは24時間テレビ 放送危機についての話題についてどう思いましたか?ご意見をコメント欄からどうぞ!!

-未分類

Copyright© 知ったかぶりメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.