高橋真麻 メッセージの真相は?“ワンオペ育児”を疑似体験?

投稿日:

今ネットでは高橋真麻 メッセージについてのヤフー記事が話題になっています!

 

高橋真麻 メッセージについての情報や、ネットでの反応を調べてみました。

 

こちらが記事の詳細です↓

高橋真麻 メッセージについてのニュース記事

元フジテレビのフリーアナウンサー・高橋真麻(38)が3日、自身のブログを更新し、新型コロナウイルス感染拡大が終息しない中で出産を控える妊婦にメッセージを送った。

1日に更新したブログで第1子の女児を出産したことを報告した真麻。この日は「不安な気持ちの妊婦さんへ」というタイトルでブログを更新した。

「希望していた立合い出産や面会が叶わなくなり、それを最初告げられた時は私もとても残念だったし、寂しく、また何よりも不安でした」と出産時の心境を吐露。続けて「結果的に、そこまで徹底してくれているおかげで『一人で迎えるお産』に対する不安はあっても『コロナに対する恐怖』は殆ど払拭されました」とつづった。

入院中は誰も見舞いができない状況。「一日中新生児と数日間、殆ど他人と話すことなく向き合っていると、いわゆる“ワンオペ育児”を疑似体験し、その大変さを痛いくらい体感する」「結果的に、それがとても良い経験となり、退院してから旦那(話し相手)が居るだけで気持ちが楽に。育児の手伝いをちょっとしてくれようものなら感動的なレベルでした」とも明かした。

最後には「ひよっこ新米なので、偉そうな事は何一つ言えないしお答えできないけれど、タイムリーな事は発信できるかなぁと。少しでもお役に立てれば」と結び、出産を控えた妊婦らを勇気づけている。

 

世間の皆さんはこの高橋真麻 メッセージの件についてどんな感想をお持ちなのか!?気になる反応はこちらです↓

高橋真麻 メッセージについてのネットの反応

私の場合、こっちは痛い思いして産んでるのに、ビデオカメラ回してたり、何もできず突っ立ってるとかならうっとおしいからどっか行ってくれって思うかも。
それよりか、ベテランの助産師さんとか看護師さんにいてもらった方が心強い。
痛みの和らげ方とかよく知ってるし。
という経験談。
今はいろんな出産の仕方があるし選択肢がある。バースプランがあって一人一人理想でベストな出産を夢見たり目指している。選択ができるというのがどれだけハッピーなことだったのか知った。今夏3人目の出産控えていますが正直不安です。コロナの影響で思い描いた出産にならない人が多いとは思うけど無事赤ちゃんが生まれて赤ちゃんにとって素敵な人生の始まりとなりますように。
私は旦那には立ち会ってもらわずに、1人で出産しましたが、1人だと心細いとか悲しいとか、そんな気持は一切ありませんでした。
オロオロしている旦那に、家で待機しているように伝えて、無事に産んできましたw
出産後すぐに、看護師さんが旦那に電話をしてくれて、駆け付けてくれたし、それで充分でしたよ。
旦那さんに側にいてほしい人、逆に側にいられると気になって集中できない人様々ですよね!

私は後者でしたが...
旦那さんにも側にいてほしいけど、コロナで
それが叶わない方も助産師さんがしっかりと
ついていてくれますから安心して下さい!
本当に天使かと思うくらいありがたい存在でした。

真麻さんの言う通り、コロナの不安もなくなりますしね!
とにかく今この大変な時期に妊娠されてる方達が
無事に出産できる事を祈ってます...

私は里帰り出産でしたので、間に合うか分からなかったんですが到着してすぐにいきみたいと言う感覚を覚えました
その後すぐ生まれて来てくれました
一人になる可能性も覚悟していたので不安はあまりなかったんですが、助産師さんが大丈夫明日には生まれてるよと入院した日に言ってくれた一言でとても安心しました
出勤日にわざわざ病室まで来てくれて、言った通りでしょって笑って言ってくれたのがとても嬉しかったです
全員面会なしはとても安心できました。
切迫早産で入院している時に他の方の旦那さんが廊下で咳き込んでから病室に入っていく音が聞こえて殺意がわきましたし。
むしろ早く面会禁止にして欲しかったくらい。
もしかしたら陣痛時などで旦那は頼りになったかもしれませんが、私が出産した病院は助産師さんも看護師さんもとても頼もしかったです。
私もあと2ヶ月と少しで予定日です。立ち合いは希望してないから良いですが、面会禁止なので主人は産まれたての我が子に会えない、入院中誰も面会に来られないのでずっと1人っていうのは寂しいですね。その頃には多少ゆるくなっていて欲しい。せめて主人はOKにして欲しいが、無理だろうな。

 

あなたは高橋真麻 メッセージについての話題についてどう思いましたか?ご意見をコメント欄からどうぞ!!

-未分類

Copyright© 知ったかぶりメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.