鈴木亮平 減量が残念過ぎる件について。

投稿日:

今ネットでは鈴木亮平 減量について話題になっています!

 

鈴木亮平 減量についての情報やネットでの反応を調べてみました。

鈴木亮平 減量のWiki情報

鈴木 亮平(すずき りょうへい、1983年3月29日 - )は、日本の俳優。兵庫県西宮市出身。ホリプロ所属。身長186cm。

鈴木亮平 減量についてのニュース記事

歴史小説家・司馬遼太郎さんの名著で、人気グループ・V6の岡田准一が土方歳三役で主演する映画『燃えよ剣』(5月22日公開)に近藤勇役で出演する鈴木亮平。きょう29日に37歳の誕生日を迎えたことを記念して、彼の役作りへの姿勢、撮影現場での振る舞いなどに迫る。

【写真】芹沢鴨役の伊藤英明との共演シーン

同作は1962年から64年にかけて『週刊文春』にて連載され、66年には映画化とテレビドラマ化された。その後も計3度のドラマ化、舞台化なども実現し、新選組ファンの心をつかんできた。新選組局長・近藤勇は、大河ドラマだけでも『三姉妹』(1967年)で瑳川哲朗、『竜馬がゆく』(68年)で森幹太さん、『徳川慶喜』(98年)で勝野洋、『新選組!』(04年)で香取慎吾、『龍馬伝』(10年)で原田泰造など多くの俳優たちが演じている。

鈴木は、ドラマ『天皇の料理番』では佐藤健演じる主人公・秋山篤蔵の兄・周太郎を演じるために20キロの減量。大河ドラマ『西郷どん』では1年以上かけて25キロ増量をし、さらに西郷隆盛のあとの近藤役のために27キロ減量するなど、ストイックな役作りに取り組んでいる。

本作のオファーが届いたときは「まだ大河ドラマをやっている最中で、幕末の逆サイドの立場の人を演じていたので、少し悩みました」とするも「(近藤勇役を)すごくやりたいという気持ちもあってお受けしました」と出演に踏み切った経緯を明かす。近藤については「あの3人(土方、近藤、沖田総司)の中では普通の人だったかもしれないけど、やっぱり人から好かれていて。リーダーは近藤さんじゃなきゃいけないという“男らしさ”と、人間力や弱さ、そういうものを全部含めて、最終的にチャーミングな人になれば良いなと思い演じていました」と話す。

撮影現場で、近藤勇を演じる上で大切にしたことは新選組に連帯感を持たせることだったと振り返り「“連帯感を持つ”ということ、“隊士から愛される”ということが重要だと思ったので、普段よりも共演者のかたそれぞれとたくさん食事に行ったりする機会が多かったです」と振る舞いも意識。「監督から怒られて落ち込んでいる役者がいたら、みんなで部屋に行って飲もうとか。新選組を演じた役者同士での助け合いや繋がりは、良いように作用しているんじゃないかと思います」とカメラが回らないところでも“局長”として存在していた。

新選組発足、池田屋事件、戊辰戦争、そして土方との別れ…。多くの名優たちが演じてきた近藤勇を体作りから入り込んだ鈴木がどう表現しているのかに注目したい作品だ。

鈴木亮平 減量についてのネットの反応

忘れてはいけない、変態仮面もしっかりやっていたことを…
天皇の料理番では、病弱な役で痩せこけた姿を見せてくれて、西郷どんでは逆にデップリした姿、今回はガッチリした姿…それぞれ異なる姿だが、その体型を作るのも並大抵では無いでょう。鈴木亮平さんは、凄い役者魂の持ち主だと思う。
確かに西郷さん太ってるイメージがあるから、そこからの近藤勇はきついなあ。
凄い役者魂だと思うし、演技にも引き込まれてしまうけど、本当に体が心配。
まだまだいろんな役柄を見たい俳優さんなので無理だけはしないで欲しいと思ってしまいます。
俺物語の後も役作りで激痩せしてましたよね。
すごいプロ意識だとは思うけど、あまりにも負担をかけると後でガタが来そうで心配です。
大好きだし、仕事に対する真摯な姿も尊敬するけれども、そろそろ若くはない年齢になってくるのだし、あまり無理はしないで欲しい…。体重の増減って、寿命に繋がってる部分があるので…。末長く、魅力的な演技をみたいからね。
テセウスでの名演技には感動すら覚えました。体重増減管理は負担が大きな仕事ですね。体調守られてますますの活躍を!
凄まじいプロ意識だと思いますが、急激な体重の増減は内臓に負担が大きいと思いますので、重々身体にお気をつけて、末長く俳優をやっていただきたいなと思います。
凄いと思う。
ただ、健康面では心配。
体に負担がかかっていると思うので。
体重の増減、あまり無理しないでほしいです。
役作りと俳優としての意識の高さは素晴らしいの一言。日本はテレビドラマが主流でしかもアイドル事務所の兄ちゃん達が主役を張ったりするので皆細くて誰がやってもそんなに変わらないし、役者が役に合わせるのではなく役をアイドルに合わせる作品ばかり。他の仕事の兼ね合いもあって太ったりするのはNGなんだろうがそれだとどこまで行ってもアイドルが片手間にドラマやってるだけで到底役者とは呼べない。
鈴木亮平のような役者がもっと増えて欲しい。

-未分類

Copyright© 知ったかぶりメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.