結婚式場 現状が悲惨過ぎてやばい!招待された人も憂鬱・・・

投稿日:

今ネットでは結婚式場 現状についてのヤフー記事が話題になっています!

 

結婚式場 現状についての情報や、ネットでの反応を調べてみました。

 

こちらが記事の詳細です↓

結婚式場 現状についてのニュース記事

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、結婚式で悩むカップルがいます。キャンセル料や延期料がカップルの負担となりますが、臨機応変に対応する式場も。中には歩調を合わせる式場も出てきました。(影山遼)

「しばらく何も考えたくない」
東京都内に住む女性(28)は、5月末に予定していた結婚式を11月に延期することにしました。「緊急事態宣言が出るまでは、もしかしたらできるかなと思っていましたが、今となっては…。5月6日で全てが解決するとも限りませんし」

1年ほど前から準備を進めていた結婚式。延期はつらい決断だったといいますが、さらに、お金も問題でした。

女性は「最初は延期料が規定の通りかかるという話でしたが、式場の配慮で、招待状などの実費だけで済むことになりました。こちらとしては、悲しい中でもうれしい話ですが、今後もつながりが続くプランナーさんの生活もあるし…。しばらくは何も考えたくありません」と話してくれました。

86の式場が賛同した宣言
個別に柔軟な対応をする式場はありましたが、式場ごとに対応は異なる状況。そんな中、式場探しサービスの事業を行っている「リクシィ」(本社・東京都中央区)が4月14日、ある宣言を出しました。

それは、新型コロナを理由とする日程変更の場合、カップル側の負担を「招待状の印刷などの実費のみ」もしくは「キャンセル料を全て、挙式の費用に充てることで実質ゼロ」にとどめるというもの。2020年4~5月の成約者が対象のため、先ほどの女性のケースには当てはまりませんが、この宣言に賛同した全国86(4月19日夕時点)の式場が足並みをそろえて対応するといいます。

リクシィの担当者は「日程変更に伴うキャンセル料については、式場ごとに対応がマチマチ。ですが、我々の知る限り、柔軟な対応をしている式場が9割以上あり、その事実を知ってほしいなという思いがありました」と宣言を出した目的について話します。

付き合いのあった一部の式場に、宣言のアイデアを相談し、賛同してくれた式場とともに今回の企画が生まれたそうです。

 

世間の皆さんはこの結婚式場 現状の件についてどんな感想をお持ちなのか!?気になる反応はこちらです↓

結婚式場 現状についてのネットの反応

息子も5月に予定しておりました。当初はこのコロナが騒がれてる中で大丈夫か?とも思いましたが、緊急事態宣言を受けて式場側から「延期してほしい」と言っていただきました。式場側では改めて予約してもらえばキャンセル料も発生しない、とのことで息子も私も安心しております。とても良心的な式場で良かったです。
親友の結婚式が7月初旬にあります。結婚が決まった時は一緒に喜び、ずっと楽しみにしてきました。そろそろ招待状を送ると言われましたが、参加すべきか悩んでいます。自分が保菌者だったとしたら、とんでもないことになりますので。何が正解なのか、どうすれば親友を傷つけずにすむのか…辛いです。
今、結婚式ははっきり言って迷惑です。
呼ばれても気が重くなるだけ。
断る理由を考えなければなりません。
仕方なく行くことにしても心は不安で沈みます。
人が集まることはするべきではないと思います。
先日、20年来の友人の結婚式へ、内心不安ながらも行きました。

式の5日後くらいに、ニュースで、新郎さんの会社で「コロナ陽性が出て、全従業員が自宅待機」と見ました。
その式には、その会社の方が15名ほど出席していたのに、友人からは何の連絡もなく不信感がありました。

大丈夫・新郎や出席者は濃厚接触者ではない、とか、濃厚接触者の人がいたとか、
なにか連絡をくれたら、安心できたのに、
式を挙げっぱなしで、もやもやしました。

強行したのなら、本心からゲストをもてなしたいと思っているのなら、そこまできっちり対応してほしかったです。
こらから開催される方も、せめてそれくらいの対応は想定して行ってほしいです。

昨日義弟が結婚式を挙げました。
いつ延期の連絡が来るのか待っていても一向に来ず、妊婦の私と子どもは欠席の連絡をしました。
夫にも欠席して欲しかったのですができないと言われて出席しました。
0歳の子どもから祖父母まで老若男女が出席したそうです。
挙式はマスクをしていないスタッフ、会食は狭い会場に20人弱がひとつのテーブル…絶句しました。

これから結婚式を挙げる予定のカップルには酷ないい方ですが、人の命を危険に晒してまでやる事ではないと思います。
呼ばれた方も素直に祝福できなくなります。

遠足は家に帰るまでが遠足とよく言いますが、結婚式は今の状況では潜伏期間が終わるまでは無事に終わってよかったねとはなりません。
我が家はこれから怯えた日々を送ります。

約款にキャンセル料が記載されているのにもかかわらず式場サイドに全額無料キャンセルを飲ませた人がそれを「勝った」と表現していて、イヤな気持ちになった。
あなたは結婚式場 現状についての話題についてどう思いましたか?ご意見をコメント欄からどうぞ!!

-未分類

Copyright© 知ったかぶりメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.