林葉直子 後悔が衝撃的だった件・・・

投稿日:

今ネットでは林葉直子 後悔についてのヤフー記事が話題になっています!

 

林葉直子 後悔についての情報や、ネットでの反応を調べてみました。

 

こちらが記事の詳細です↓

林葉直子 後悔についてのニュース記事

美貌の“天才女流棋士”として引っ張りだこの人気だった林葉直子(52)が2日、情報番組「ノンストップ!」(フジテレビ系)に出演。余命1年から劇的な復活を遂げ、元気な姿を見せた。

林葉は12歳でプロ入り。史上最年少の14歳で女流王将を獲得すると、10連覇して“将棋界のアイドル”となったが、1995年に棋士を引退。98年の不倫スキャンダルで一線から退き、一晩でブランデー2本を空けるなど、酒浸りの生活を送るようになった。

2008年には過度のアルコール摂取がたたり、肝硬変に。治る見込みはないと余命1年を宣告され「人生に後悔はない」と死を覚悟したという。

林葉は「相手が同業者だったので、ご迷惑をおかけして一緒の世界にはいられなくなった。飲んでなきゃいられなくて、お酒がありがたかった。不摂生な生活を送っていた。今思えば将棋をやっていれば対局前は飲まないので、続けていればよかった」と振り返った。

だが「将棋や将棋ファンは優しくて大好き。将棋をやめなきゃよかった」と次第に後悔を感じるようになった。酒をやめて減塩を守り、ラーメンやうどんを控えたという。

移植をしなければいけない状態から、劇的に症状が回復し、医者から「肝臓がきれいですね」と言われるまでになった。若干やせてはいるが、昨年11月には対局できるほどに体調が戻り、現在はユーチューブで対局を公開している。

それまで足がつりやすく歩行に支障が出ていたが、ほぼ問題はなくなった。復活のカギとなったのは「何があるかわからないから最後まであきらめない」という棋士時代の姿勢を思い出したことだった。今後は将棋を広める将棋コメンテーターを目指す意向だという。

林葉直子 後悔に関連するWiki情報

林葉 直子(はやしば なおこ、1968年1月24日 - )は、将棋の元女流棋士、小説家、エッセイスト、漫画原作者、占い師。福岡県福岡市出身。福岡第一高等学校卒業、第一薬科大学薬学部中退。漫画原作者としてのペンネームに「かとりまさる」がある。

 

世間の皆さんは林葉直子 後悔の件についてどんな感想をお持ちなのか!?気になる反応はこちらです↓

林葉直子 後悔についてのネットの反応

昨年、対局姿を拝見しました。
確かにしんどそうだったけど、ピンと伸びた背筋に往年の面影がよぎりました。
復活を期待します!(^_^)
真面目一徹・中原16世名人の晩年を狂わせた女性。
子供の頃、林葉さんが書いた少女向け小説読んでました
病気されてから、たまにお元気かなと思ったりしますが、こうしてお元気そうな姿を見るとホッとします
痩せてしまい外見がだいぶ変わりましたね。
中原さんも喜んでるよ。
フィフィかと思った
突入しまーす

 

あなたは林葉直子 後悔についての話題についてどう思いましたか?ご意見をコメント欄からどうぞ!!

-未分類

Copyright© 知ったかぶりメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.