有吉弘行 視聴者目線の分析がやばい!さすが地獄を味わった男・・・

投稿日:

今ネットでは有吉弘行 視聴者目線についてのヤフー記事が話題になっています!

 

有吉弘行 視聴者目線についての情報や、ネットでの反応を調べてみました。

 

こちらが記事の詳細です↓

有吉弘行 視聴者目線についてのニュース記事

テレビ番組の司会者は、ある意味で時代の顔と言える。より多くの視聴者の心をつかみ、ガス抜きの役割を担い、程よい笑いを交えながら進行する業は並大抵ではない。とくにコンプライアンスの厳しい時代になってからは、司会を担える人間はごく限られている。そのなか、活躍しているのが“毒舌”でブレークした有吉弘行(45)だ。現在、地上波だけでも9本の番組で司会を務め、長く君臨し続けている。なぜ彼はそこまで求められるのか。過去の名司会者の系譜をたどりながら、その違いと共通点に迫る。(ライター・鈴木旭)

衝撃的なデビューを飾ったトニー谷
司会者でありながら、お茶の間に爆笑を呼び起こした第一人者と言えばトニー谷だ。もともと劇場で演出助手をしていたが、進駐軍相手の慰問芸能団編成にかかわって芸能人とのコネをつくり、その後は司会者に転身。1949年に日米野球の司会の代役として出演し、英語と日本語の入り交じったしゃべり(トニングリッシュ)で衝撃的な芸人デビューを果たした。

「レイディースエンジェントルメン、アンドおとっつぁんおっかさん」といったフレーズ、「さいざんす」「おこんばんは」などマダムとの会話からヒントを得たしゃべり、「家庭の事情」といった流行語を生み出して人気が爆発。ジャズコンサートの司会者として引っ張りだこの状態に。赤塚不二夫のギャグ漫画『おそ松くん』で、トニー谷をモチーフとした「イヤミ」というキャラクターが登場するなど、当時の影響力はすさまじいものがあった。

そろばんをかき鳴らしながら歌って踊る珍芸で有名だが、さらに支持を集めたのは共演者や視聴者をこき下ろす「毒舌」だった。芸人仲間の痛いところをついて怒らせ、女優へのセクハラやパワハラ、世間を小バカにする態度をとるのが常だった。

誘拐事件経て、漫才ブームで再評価
行き過ぎた毒舌キャラによって、人気は徐々に下降線をたどっていく。そんな矢先、1955年7月にトニー谷の息子(長男)が誘拐される事件が起こった。

息子は無事救出されたが、犯人が犯行動機として「トニー谷の人を小バカにした芸風に腹が立った」と語ったこと、事件を大々的に報道したテレビによって、内密にしていた出自・前歴などが露呈されてしまったことで、事実上の休業状態に陥る。

その後、1962年から活動を再開するも、1970年代に入って人気は低迷。1980年代の漫才ブームで改めて毒舌にスポットが当たり、トニー谷は再評価されることになった。

毒舌の流れを引き継いだ大橋巨泉
トニー谷の人気が下降すると、反比例するように毒舌で頭角を現したのが大橋巨泉だった。もともと大学時代からジャズバンドのコンサートで司会を務めるなど、その下地はトニー谷と酷似している。異なるのは、巨泉がジャズ評論家・放送作家からテレビの司会者へと転身した点だ。

1960年代~1980年代に人気を博した深夜番組『11PM』(日本テレビ/読売テレビ)で司会者として好評を博すと、1976年に『クイズダービー』(TBS系)、1983年に『世界まるごとHOWマッチ』(前・同局)がスタートするなど、活躍の場を広げていった。

七三分けに黒縁メガネというスタイルでありながら、物事をすべて熟知しているかのような高慢な態度。番組では上から目線の物言いで、ことあるごとに「バカヤロー」と言って毒舌を吐いた。ただし、そこに裏打ちされている博学さには説得力があり、希代の司会者として地位を確立していった。

「毒舌+企画力」で支持されたビートたけし
巨泉の活躍から少し遅れて登場したのがビートたけしだ。1980年代初頭の漫才ブームでツービートのボケとして注目を浴び、過激な毒舌ネタで若者から絶大な支持を集めた。

その後、1983年に『スーパージョッキー』(日本テレビ系)、1985年に『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(前・同局)、1986年に『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』(TBS系)といった番組がスタート。どれも立て続けにヒットし、バラエティー番組の司会者として人気を博した。

司会という立場になって以降、たけしは毒舌というだけでなく、一歩引いたところで番組を盛り上げることになった。実際に『たけし城』『元気』では、たけし自身が番組の企画・構成を担当している。キャリアの流れこそ違うが、この点は巨泉と共通する部分だ。

先に触れた『世界まるごとHOWマッチ』では、文化人枠の回答者として出演している。巨泉とたけしが“毒舌合戦”を繰り広げる場面も番組の見どころの一つとなった。

有吉弘行 視聴者目線に関連するWiki情報

有吉 弘行(ありよし ひろいき、1974年〈昭和49年〉5月31日 - )は、日本のお笑い芸人、司会者。広島県安芸郡熊野町中溝出身。身長172cm。太田プロダクション所属。

 

世間の皆さんは有吉弘行 視聴者目線の件についてどんな感想をお持ちなのか!?気になる反応はこちらです↓

有吉弘行 視聴者目線についてのネットの反応

有吉さんは政治や社会情勢について何も言わない。
ヘタに批判されないよう対象をちゃんと選んでる。
自身のテリトリーをわかってる感じがいいと思う。
有吉自身がどん底を味わってから這い上がったから、売れてないけど頑張ってる芸人やタレントをいじることで露出の機会をつくってるんだよね。有吉司会の番組殆どそうだからね。毒舌吐いてるようで行きすぎないバランス感覚が絶妙だから使いやすいのもあるよね。
MCになっても、視聴者と出演者に近い立場でコメントできるのも大きいと思う。
個人的には有吉とアンジャッシュ渡部のやりとりが好き。
渡部のことをディスりながらも少し照れたような顔をしてるところに人柄が出てると思う。
渡部もそれを知っていてお互いの信頼があるからこそ有吉の毒を受け入れているのがよくわかる。
頭がいい。
知識があるとかではなく、ここでは何を求められてるかをすぐに判断されている。
ゴールデンの番組ではあまり毒舌を言わすニコニコしてるけど、ひとたび自分の居場所にきた時は思いきり暴れまくる。
これできる人今まであんまりいなかった気がする。
猿岩石日記持ってたけど有吉氏のテキストはとにかく面白かった。
森脇氏がただ日々あったことと個人的感想を淡々と述べているのに対し、有吉氏はそれに独特な分析を加えたり日々の出来事を他人が読んでも情景が分かるように具体的に記したりしていて、読んでいる方も非常に楽しめた。
低迷していた期間も新聞は読み続けていたらしい。
読む人間と読まない人間の将来が同じはずがない。
「どんな小さな仕事も全力でやれ」と言う、内村さんの助言も今の成功に繋がっているように思う。
毒は吐いても、あの心底からの笑顔に好感が持てる。
有吉のMCの基本は内さまをみるとよくわかる。まだ有吉が司会が出来るとは誰も思っていない頃、軸が出来上がっていた。あとはウッチャンからのアドバイス通りに頑張ったのがすごい。今見ると感動する。
テレビが中心の視聴者とネットの住人とでは物事に対する考え方や捉え方が微妙に違う。大半の司会者はテレビ番組だから視聴者寄り、所謂大衆向けのコメントに終始するからネットで叩かれることが多い。
有吉は頭の回転も速いし言葉の選び方が上手くてどちらの層にもウケいれられる絶妙なコメントをするから人気が落ちることがないんだと思う。
視聴者目線というのは、もともと有吉さんもいわゆる「あだ名芸」とかは求められて芸に昇華しただけで、当初は一発屋の経験から、固定観念を持たれる危惧を「視聴者が思っていることを代弁」として指摘するところから始まった。
やはり地獄を見たことのある芸人の強みだと思う。

 

あなたは有吉弘行 視聴者目線についての話題についてどう思いましたか?ご意見をコメント欄からどうぞ!!

-男性有名人

Copyright© 知ったかぶりメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.