早大総長 異例メッセージが賛否両論でやばい・・・

投稿日:

今ネットでは早大総長 異例メッセージについてのヤフー記事が話題になっています!

 

早大総長 異例メッセージについての情報や、ネットでの反応を調べてみました。

 

こちらが記事の詳細です↓

早大総長 異例メッセージについてのニュース記事

新型コロナウイルス感染拡大の影響で大学生の学費負担が議論される中、早稲田大学の田中愛治総長の発言が話題です。全学生を対象とした学費の一律減額を認めない理由として「学費は、卒業までにかかる施設維持費用の分割負担」と説明。経済的に困窮する学生には、別途、支援策を講じるという考え方が議論を呼んでいます。(北林慎也)

大学トップ自らコメント
コロナ禍の影響で、家計収入が減ったりバイトがなくなったりする学生が全国的に増えていて、大学側に学費の減免を求める声が高まっています。

これを受けて早稲田大学の田中愛治総長は5月5日、「学費に関する考え方について」と題したコメントを発表しました。

大学トップ自ら、このような見解を学内外に向けて表明するのは異例です。

「数年間の費用を平準化」
コメントの中で田中総長は、「学費および実験実習料の減額をいたしません」と表明。そして、学費の位置づけをこう説明しています。

「大学の学費は、4年間もしくは2年間・3~6年間の教育に対して、必要とされる総額を年数で等分して納めていただいているものなのです」

「何年度の入学生に、どの建物の費用をご負担いただく、というものではありませんので、どの年度に入学された方にでも、同じように学費をいただいております」

つまり、卒業あるいは学位の授与までにかかる費用をトータルで計上し、それを分割で納付するが学費、ということです。

そのため逆に、リモート授業実施で今年度に多額の設備投資をしたものの、この一時的な大学の支出増については今年度の在籍学生だけの負担とはしない、とも述べています。

「そうした費用を今年度の学費に上乗せしないのが、大学の学費のあり方です。大学の学費とは、皆さんが入学してから卒業・修了するため教育・研究にかかる費用を数年間の学費として平準化して納めていただいているという性質を持つのです」

困窮学生だけに給付金
そのうえで田中総長は、「経済的に困窮している学生への緊急支援策について」とするコメントも同日に発表しました。

家計が困窮する学生を対象に、「緊急支援金」10万円の給付や、奨学金の受給範囲の拡大、オンライン授業に必要な機材を貸し出すなどの支援策を明らかにしています。

そして、この支援策が「全ての学生を対象にしない理由」も説明。創立者である大隈重信公の考えに従ったといいます。

「早稲田大学に集う学生は、自分自身、自分の家、そして自分の国という自己利益だけを考えず、世界の人々のために貢献してもらいたい、という願いが込められています。大隈侯は、大学教育を通じて、利他の精神を培うことを期待していたのです」

 

世間の皆さんはこの早大総長 異例メッセージの記事についてどんな感想をお持ちなのか!?気になる反応はこちらです↓

早大総長 異例メッセージについてのネットの反応

これが早稲田の考え方とはっきり明言されたんだから、納得できる人が通えば良いのでは?
記事にある「そもそも学費が高過ぎる」と今になって言い出す人の方が意味不明。入学したらどれだけ学費がかかるのか分かっていたことだろうに。
早稲田なら卒業生からの寄付もかなり集まるだろうし、それを原資にして困窮する学生を救済出来ると気がします。
曖昧にせず、はっきりと考えを伝えたことは良かったと思う。今の政治では10万円のバラマキなど、正しさより有権者が喜ぶことをして、本当に取るべき政策だが有権者が嫌がることは後回しにして、自分の人気取りに必死になっている。学生の考えと異なっても言うべきことをしっかりと言うというリーダーのスタンスは素晴らしいと思う。この学長のメッセージに賛否は色々だろうが、はっきりと説明したことは素晴らしいと思う。
大学はそもそも義務ではないからお金がないなら行く資格は無いと思います。
学生は国に対して学費を半減して欲しいと言うが、それは資金難で大学を諦めた人からすれば不公平だと思う。
親のお金が無いから学費が払えないは言い訳でしか無いとおもう。
そもそも奨学金とかを借りて全ての手を尽くしても足りないのか?
そうでなければ安易に税金を使おうとしないで欲しいです。
普段からバイトして少しずつでも貯金しておけば今の生活もある程度は維持出来ているはず。
単純明快なこの説明は納得のいくものだと思います。
卒業までにかかる学費は元々支払う予定だったもの。今後コロナが収束して卒業できるのであれば特に問題は感じません。
もちろん、この時世でバイトをクビになって学費が払えないという生徒もいるでしょうが、それは大学の責任ではなくて別の問題ですね。
嫌味な言い方になりますが、授業が少なくなったから安くしろと言いつつ学位はちゃっかり受け取るんですよね
本当に困っていて、かつしっかり勉強、研究する人は別の手段で助けてほしいと思いますが、一律減免はどうかと思いますね
大学は義務教育ではない・・・
それを根本に議論すべきである。
大学が削れるお金は施設費用はやるべきだが、学費は奨学金などを利用すべきである。自分で行くと決めたのだから・・・・。
自分はそう考えている。高校も本来そうで、義務教育ではないのだから。
貸し付けとか奨学金とか色んな施策を考えるべき。
国が補償して、それは全て税金。
コロナ禍が落ち着けば税金が上がるのが目に見えている。その際、この大学生たちが本気で勉強したとしても・・・・
自分で選んで行った以上、将来に回して返済すればいい話。厳しいことを言うが・・・・お金は借りられる。返せばいい話。自分は大学時代は奨学金を借りていて15年計画で返済してる。それが学業だと思うけど。
うちにも大学生がいます。決して楽に学費を支払える家庭ではありません。
でも学費減額や返金とかを大学に求めるのは違うと思いますよ。
自分と家族で相談して進学を決めたんですから、コロナで生活困窮しても責任は大学にはないので、続けるも辞めるも自己責任だと思います。
これから社会人になるんですから、困ったらすぐに助けてくれ!はおかしいでしょう?
まず出来る事は全てしてみる、それでもどうにもならなかったら救いを求めるべき。
そもそも、自粛が始まってすぐに生活と学費に行き詰まるくらいのギリギリのレベルなら、大学進学自体厳しかったのではないでしょうか。
大学も慈善事業ではありません、他の大学でも署名活動とかをしているようですが、そんな暇があるなら死ぬ気で仕事を探して下さい。
その通りだと思います。
そもそも、本来の授業の質が担保されていないから、学費を減免すべきという
論調がおかしい。本来の質が担保できないのであれば、単位修得の水準に満たないということになるわけで、結局は卒業が延びるだけです。しいていえば、今期は学費は減免するけど単位もでません、だから卒業が1年延びるので、4年分の学費を5年で支払う長期履修制度の活用し、卒業までの学費を均すことまでです。学費は下げろ、でも単位はほしい、は論理的に矛盾してます。
これとは別に、困窮者の対応をすれば良いわけですが、それも今年から高等教育の修学支援制度が開始されてますので、その範囲で対応すればよいです。
個人的には至極当然だと思う。コロナでなくても、親の仕事が倒産でたち行かなくなり退学する人もおるだろうに。
今期の自分の学費が安くなって、後に大学の経営難で、設備や蔵書の質や教員の待遇が落ちる、反対に学費が上がり、良い学生と教員が集まらず、大学自体のブランド力が落ちると、結局卒業後の自分にもデメリットでは?学歴をブランドと考えるのにも賛否あると思いますが。「利他主義は最善の利己主義」というフランス経済学者・思想家の考えに最近共感しています。

 

あなたは早大総長 異例メッセージについての話題についてどう思いましたか?ご意見をコメント欄からどうぞ!!

-未分類

Copyright© 知ったかぶりメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.