岡村隆史 志村けんの件が恐ろしい・・・!?

投稿日:

今ネットでは岡村隆史 志村けんについてのヤフー記事が話題になっています!

 

岡村隆史 志村けんについての情報や、ネットでの反応を調べてみました。

 

こちらが記事の詳細です↓

岡村隆史 志村けんについてのニュース記事

ナインティナインの岡村隆史(49)が、新型コロナウイルスによる肺炎のため亡くなった志村けんさん(享年70)から授かった金言を明かした。

【写真】志村けんさん

岡村は2日深夜放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」の冒頭で、志村さんの訃報に「まだなんか全然実感もなくて。もう志村さんと会えないという実感が全然なくて。まだお仕事できるような感覚でいる」と、整理のつかない心境を述べた。

幼いころからザ・ドリフターズの番組を観て育ち、中でも特に「僕はバラエティー番組でやる動きであったりとか、表情であったりとかっていうのは、ほぼ志村さんのコピー。まぁ、いわゆるパクリに近いと思います」と、志村さんから大きな影響を受けた自身の芸風について語るとともに、「まだまだパクらせてもらわないといけないこともたくさんあったと思うんですけど、それがもうできないっていうふうに思うと残念」と吐露した。

自身が売れっ子になってからは共演する機会が増え、プライベートでも2人きりで飲みに行くようになったという。酒席ではお笑いに関する話ばかりだったといい、「よく言われたのは『ちゃんと作り込んだ笑いをしなさいよ』と。『作り込んだ笑いっていうのは、ちゃんとやっとかないとダメ』って言われてました」と志村さんの言葉を明かした。

「今ね、もう天国に逝かれはった人の言葉やと思うと、なんかこう、身に刺さるなぁ」としみじみ。「『コントでも何でも、死に役ができなければダメだ』と。『何でもかんでも前へ前へっていうふうに出たらダメだ』と。『出るところと引くところはちゃんと理解しろ』と」と、さらに志村さんの言葉を明かし、「僕の中ではすごい、『ああ、コント師の言葉やなぁ』っていうか、座長の言葉というか、そういうふうに思えたんですね」と語った。

岡村隆史 志村けんに関連するWiki情報

『志村&鶴瓶のあぶない交遊録』(しむらアンドつるべのあぶないこうゆうろく)は、1998年から2019年まで毎年1月2日にテレビ朝日系列で放送されていた特別番組で、志村けんと笑福亭鶴瓶の冠番組でもある。

 

世間の皆さんは岡村隆史 志村けんの件についてどんな感想をお持ちなのか!?気になる反応はこちらです↓

岡村隆史 志村けんについてのネットの反応

志村さんからの直接の金言は有難いね。
これが言葉の財産だと思う。
作り込んだ笑いというのは
お金をかけてとかそういうことではなく
演技、演出、構成がしっかり練られたもの
という意味で志村さんはおっしゃったんじゃ
ないでしょうか?
『ちゃんと作り込んだ笑いをしなさいよ』
こういう番組自体を作れるのが志村さんかNHKだけになってしまったもんな…。
Amazon、Netflixも作れるだろうけどテレビで作るのは無理だろうな…。
志村と岡村は特別な関係。
志村けんは死亡説が流れたほどテレビにでなくなった時期があった。その志村を復活させた一番の立役者は間違いなく岡村。
志村さん死んだら変なおじさんを下さいとか本人を前にして言ってんだよね。
この2人の関係性だから言えたネタなんだと思うけど、現実的に岡村では無理でしょ。
いっそのことチコちゃんみたいなテレビを金稼ぎの手段と割り切って、故人の遺志を受け継いで本格的な劇場公演にうって出てみては?
岡村だってテレビこだわらなければ、できるでしょ。
岡村はネタとかコントとか作らないよね
ナイナイもネタ作るのは矢部だったし
作り込んだ笑い=アベノマスク
安倍晋三と村本大輔だけは救いようが無い。
もう岡村は面白くないな、、、

 

あなたは岡村隆史 志村けんについての話題についてどう思いましたか?ご意見をコメント欄からどうぞ!!

-未分類

Copyright© 知ったかぶりメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.