大谷昭宏 異議のメッセージの真相は!?9割の経済を止める!?

投稿日:

今ネットでは大谷昭宏 異議についてのヤフー記事が話題になっています!

 

記事の中で大谷昭宏氏は以下のようにコメントしています↓

 

9割の経済を止めたっていいじゃないですか。人の命を守って、そっから先に経済を立て直すという事は出来るわけですよ

 

大谷昭宏 異議についての情報やネットでの反応を調べてみました。

 

こちらが記事の詳細です↓

大谷昭宏 異議についてのニュース記事

14日放送のTBS系「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)で、世界的に流行する新型コロナウイルス感染症について特集した。

番組では、ノーベル医学・生理学賞の受賞者で京都大学特別教授の本庶佑氏(78)が、PCR検査の拡大を提言したことを伝えた。

政治ジャーナリストの田崎史郎氏は「おっしゃる通りだと思います。PCR検査を、うんとやった方がいい」とした一方、「ただ実現可能性の問題と、90%経済を止めた時にどうなるんだろうなっていうのがね。政治が耐えられるかってのがね、僕はまだ判断がつかないですね」とした。

この発言を受け、ジャーナリストの大谷昭宏氏(74)は「田崎さんが9割の経済を止めて、政治が持つだろうかとおっしゃいますけど、9割の経済を止めたっていいじゃないですか。人の命を守って、そっから先に経済を立て直すという事は出来るわけですよ。命を亡くしちゃったら、経済の立て直しなんてありえないわけです」と反論。

そして「極論かもしれませんけど、とりあえず人命を守りきるんだと。そこから先の事は、またみんなで知恵を絞ろうと。のん気な事を言ってる様ですけど、喫緊の課題はそっちだと思いますよ」と続けた。

大谷昭宏 異議に関連するWiki情報

大谷 昭宏(おおたに あきひろ、1945年7月8日 - )は、日本のジャーナリスト、元新聞記者、漫画原作者。実弟は元最高裁判所判事の大谷剛彦。

 

世間の皆さんは今回の大谷昭宏 異議の件についてどんな感想をお持ちなのか!?気になる反応はこちらです↓

大谷昭宏 異議についてのネットの反応

人あっての国であり経済。国会議員のための経済でも国民でもない。それに、経済を守りたいなら、休業中の給与や資金繰りの支援をもっとやりなさいよ。
大谷さんや本庶先生の言う通り。政府は素直に聞き入れるべき。それも早く。いつまでにやるのか具体的な日時も示してほしい
今現在でも経済的に困窮している人がいるのに9割も経済をストップしたら、コロナで亡くなる人よりも経済的理由で亡くなる人の方が増えるんじゃないのか?
9割止めるなら、9割止めても誰も首をつらなくていいような手当てをしてからにしてもらいたい。
田崎さんついに、「政治が耐えられるか」って本音を言ってしまった。
政権維持が国民の生命より大事なこと、フリーのスポークスマンが明かしてしまった。
田崎氏はいつも政権擁護の発言ばかりする。
政権にゴマすりして、仲良しになってちょっとした裏話を聞き出して、事情通みたいな顔をして仕事に繋げている。
こういう人を使う方も使う方だけど、政治ジャーナリストを名乗るなら、きちんと権力者に対してももダメな事はダメって批評すべきだと思います。
安倍の信条は「人命より経済と選挙の票を優先」なので、自民党に多くの献金をしている業態は休業要請の対象から外れたり、「休業せよ。だが一律の補償=現金給付や減税は絶対しない」とほざいたりする。

森友加計桜などで権力をお友達のために行使し、反対する者を悉く葬ってきた。人類の歴史上でこれ程の悪人は他にいない。

田崎や有本はその手先なのだが、単なる安倍信者ではなく、金を貰っているのだろう。言うことが完全に理論破綻しているが、指摘されても全く動じない。

ちなみに、安倍が奇跡の方針転換をして(するわけないが)、全国民一律30万円現金給付を決めたなら、田崎も突如としてその方針を称えるであろう。

というわけで、田崎の意見など聞くに及ばず。

政治ジャーナリストの田崎史郎氏は、そろそろ引っ込んだ方が良い。
最近は前向きコメント一切なし。いつも言い訳ばかり。
結論が無いものだから何が言いたいかも良くわからん。
人の命と経済を天秤にかけても分からない人が良くコメンテイターとして仕事していられるよね。
相変わらず首相ベッタリの田崎氏の言うことは響かないねえ。ノーベル賞受賞の本庶教授の提言を受けての田崎氏の言葉だったけど、もうこの政権には中途半端に耐えてもらいたくないと国民思っているのですけどね。個人的には政権が耐えられず崩壊してくれるのなら、逆にむしろぜひ90%経済止めてくれと思ってしまいますがね。
あなたは大谷昭宏 異議についての話題についてどう思いましたか?ご意見をコメント欄からどうぞ!!

-未分類

Copyright© 知ったかぶりメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.