声優界 悲痛のメッセージが泣ける・・・

投稿日:

今ネットでは声優界 悲痛についてのヤフー記事が話題になっています!

 

声優界 悲痛についての情報や、ネットでの反応を調べてみました。

 

こちらが記事の詳細です↓

声優界 悲痛についてのニュース記事

『クレヨンしんちゃん』の野原ひろし役などを務めた声優の藤原啓治さんが12日、55歳で亡くなった。藤原さんの早すぎる死に声優界から悲しみの声が相次いでいる。

■声優・藤原啓治さんのプロフィール 主な出演作

藤原さんがナレーションを務めた『ケロロ軍曹』でギロロ伍長役だった中田譲治は、ツイッターで「人見知りで表面的な関係は面倒くさがっていた印象だが、話しかけるとはにかんだ笑顔で答えてくれたっけ。現場復帰して単独の仕事はしていると聞いていたので、よかったと勝手に思っていたが… 色々辛かったろうな。でも、それを口にする奴じゃなかったから… 最期までらしく生きたのだな。合掌」とつづった。

『交響詩篇エウレカセブン』で共演したレントン役の三瓶由布子は「もう一度会いたい ホランドって呼びたい なんだよって ぶっきらぼうに 返事して欲しい ご冥福をお祈りいたします」と悲痛。同作でエウレカ役だった名塚佳織も「ヤダよ…ってニヤニヤしながら言われるかもしれないけど、今日だけはホランドって呼ばせて下さい…」として「ねぇ、ホランド… 私ね、ホランドのおかげでいっぱいいっぱいステキな人と出会えたよ いっぱいいっぱい笑った たくさんたくさん学んだんだ ありがとう…また会う日まで… ご冥福をお祈り申し上げます」と投稿している。

また、『アベンジャーズ』シリーズで共演している中村悠一は「少し前に、スタジオで入れ違いになった時にちょっとだけお話し出来たなぁ…。あれが最後になったなんて信じられないよ」と在りし日を回顧した。

藤原さんは1964年10月5日生まれ、東京都出身。代表作は『クレヨンしんちゃん』の野原ひろし役、『鋼の錬金術師』のマース・ヒューズ役、『ケロロ軍曹』のナレーション、『HUNTER×HUNTER(第2作)』レオリオ役、『交響詩篇エウレカセブン』のホランド・ノヴァク役、『アベンジャーズ』シリーズのアイアンマン=トニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)の吹き替えなど。

訃報は16日、藤原さんが代表を務める所属事務所の公式サイトで「弊社代表取締役及び所属声優である藤原啓治が癌のためかねてより闘病中のところ令和2年4月12日満55歳で逝去いたしました」と伝えられた。

声優界 悲痛に関連するWiki情報

藤原 啓治(ふじわら けいじ、1964年10月5日 - 2020年4月12日)は、日本の声優、俳優、音響監督。東京都出身。AIR AGENCY代表取締役。日本芸術専門学校講師。
主な出演作に『クレヨンしんちゃん』(野原ひろし)、『鋼の錬金術師』シリーズ(マース・ヒューズ)、『交響詩篇エウレカセブン』(ホランド・ノヴァク)、『チャーリーとチョコレート工場』(ウィリー・ウォンカ)などがある。

 

世間の皆さんは声優界 悲痛の件についてどんな感想をお持ちなのか!?気になる反応はこちらです↓

声優界 悲痛についてのネットの反応

体調が悪いのは知っていましたが、
トニースタークやナレーションの仕事もなさっていたので回復したとばかり思っていました。
ひろしの復帰がまだだったのは良くなかったからなのか。
藤原さんのすごさは色んな役でも声を変えなく演じる事、でもそれぞれ個性的だと言う事。
ひろしもトニースタークも変化なしでもきっちり分かる。
めちゃくちゃショックです。
どの役が好きだったかな…と思いだすと、どのキャラというより藤原さんが演じるからそのキャラが魅力的に思えたように思います。
変わりがきかない本当に貴重な人。本当に大好きでした。
残念でなりません。
もっと、もっとこの人の声を聴きたかった。善玉、悪玉問わず、さまざまなキャラクターに命を吹き込んでいた。野原ひろしはもちろん、ガンダム00のサーシェスなど、あの声は忘れられない。
早過ぎる。あまりにも早過ぎるよ。数年前にある程度回復されてたから、てっきり命に関わるほどの病では無いと思っていたのに.......。
どうしてだろう。
川上さんも末来さんも運昇さんも藤原さんも突然逝ってしまわれて、ありがとうとかさようならを伝えることもできずに…
きっとそれだけ突然で、もしかしたら最後まで戦われていた結果なのかもしれない。
何よりもご本人が一番悔しいんだと思う。でもやっぱり辛い…
ショックです、認めたくない。
病気って何だろうと思っていましたが、ガン、、、。
まだ55歳なのに。もう元気になられたのかと。
本当に本当にお疲れ様でした。
そしてありがとうございました。
ご冥福をお祈り申し上げます。
とても好きな声優さんでした。
どこか飄々としていても頼れる兄貴的な役柄が印象的で、藤原さんが参加しているだけで作品にアクセントが生まれ、どこか安心して視聴する事が出来る作品が多かったです。
普通にショックなんだが。私が産まれてから観てきたアニメ作品には、この方の声が常にあっただけに残念でならない。もう、聴けないのか...。
以前放送された声優が選ぶ声優という番組内で上位にランクされていただけに、同業の方々からこれからもっと多くの惜しむ声が伝えられることは想像に難くありません。
マース・ヒューズ中佐2階級特進で准将への昇格は悲しすぎる。
今朝、ケロロ軍曹のナレーションや一昨日忍たま乱太郎で野村先生の声を聴いたばかりな上、藤原さんの担当したキャラクターは知っているものが多いので亡くなったと知ったときは本当にショックを受けました。藤原啓治さんのご冥福をお祈りいたします。色々な作品で盛り上げてくれてありがとうございました

 

あなたは声優界 悲痛についての話題についてどう思いましたか?ご意見をコメント欄からどうぞ!!

-未分類

Copyright© 知ったかぶりメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.