古川雄大 セリフぶつ切りの朝ドラ「エール」の反響がスゴイ。

投稿日:

今ネットでは古川雄大 セリフぶつ切りについてのヤフー記事が話題になっています!

 

古川雄大 セリフぶつ切りについての情報や、ネットでの反応を調べてみました。

 

こちらが記事の詳細です↓

 

古川雄大 セリフぶつ切りについてのニュース記事

俳優の窪田正孝が主演を務めるNHK連続テレビ小説『エール』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第4週「君はるか」(第 19回)が23日に放送され、音(二階堂ふみ)の歌の先生・御手洗(古川雄大)のセリフを大胆な編集でカットした場面に、ネット上には「最高」「大爆笑」「編集絶妙すぎ」などの声が寄せられた。

裕一(窪田)へファンレターを書いたものの、返事がないことに落ち込む音。歌の練習をしていても、その歌声はどこか精彩を欠いている。見かねた御手洗が「ストップ・イット!!」と音の歌をさえぎると、彼女は「手紙が…来ないんです…」とポツリ。すると御手洗は「あれはファンレターよ。あなたにとっては大切な一通でも彼にとってはアリンコの中の1匹…」とあえて厳しい現実を突きつける。

「また書こうかなぁ…」とつぶやく音に、御手洗は「期待しちゃダメよ…」と答えながら「彼は未来のインターナショナルコンポォザァよ。今のあなたとはクラァス! が違うわ」と告げる。

この言葉に音が「先生ってハッキリ言うから…好き」と笑顔を見せ、御手洗が「ありがとぉ♪私はミュージックティ」と言ったところでこのシーンが終わり、GReeeeNの主題歌「星影のエール」が流れるオープニングに突入した。

本来であれば、御手洗がいつもの調子で“ミュージックティーチャー♪”と言うところを、途中で大胆にカットしたことでネット上には「ミュージックティのところで切ったの最高」「ミュージックティで切られたところで大爆笑」といった反響が巻き起こり、さらに「編集絶妙すぎ」「NHKさんサイコーです」などの声も相次いだ。

さらに、ツイッター上では一時、この「ミュージックティ」がトレンド入り。この現象についても、ファンからは「トレンド入りしてて最高かよ」「トレンド入りしてて、やっぱりみんなツボったんだな」といった投稿も寄せられていた。

世間の皆さんはこの古川雄大 セリフぶつ切りの件についてどんな感想をお持ちなのか!?気になる反応はこちらです↓

古川雄大 セリフぶつ切りについてのネットの反応

ほんと、ブチ切る?(笑)
あれは演技ではなく、編集ね。
最高。(拍手拍手)

この先生、いや、ティーチャー、
とても正直で気持ちいい。

今のところファンレターを出した音ちゃんの方が立場は下。しかしどう見ても今後妻の音ちゃんに裕一が100%引っ張られていきそう。
音ちゃんは一緒にドイツに行っちゃうのかな。裕一を待つにしても5年は長いな。
志津にフラれて一年間フネケ状態だったのに見たこともない女性に恋するっていかにも不自然。

何となく前作に続く駄作の予感。

 

あなたは古川雄大 セリフぶつ切りについての話題についてどう思いましたか?ご意見をコメント欄からどうぞ!!

-未分類

Copyright© 知ったかぶりメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.