パチンコ専門誌制作 苦境の河原みのりがやばい!?

投稿日:

今ネットではパチンコ専門誌制作 苦境についてのヤフー記事が話題になっています!

 

パチンコ専門誌制作 苦境についての情報やネットでの反応を調べてみました。

 

こちらが記事の詳細です↓

パチンコ専門誌制作 苦境についてのニュース記事

2012年に『パチスロ必勝ガイド』初の女性ライターとしてデビューして以来、人気ライターとして活躍してきた河原みのり。数多くのパチンコ・パチスロ専門誌がコンビニの書棚に並んでいるのをみかけた人も多いだろう。全国的な規模でパチンコ店が休業している現在、専門誌の制作現場はどのような影響を受けているのか──。彼女が厳しい現状を語った。

これまで朝はだいたい5時前後に起き、地方での仕事があれば始発の新幹線や飛行機で移動し、パチンコ店にて実戦収録や取材を行う。ある時はひっそりと都内のパチンコ店で誌面の実戦データをひたすら採っていたり、メーカー主催の大きなイベントでファンの皆さんと触れ合ったり……。

オフの日でさえ、独自で新台の調査や打ち込み度を深めたい一心で、われわれパチンコ・パチスロライターは毎日のように実機に触れてきました。

普段はパチンコ・パチスロ情報を掲載している専門誌でライティングも行なっています。もちろん好きが高じてやっている仕事ですので、つらいと思うことはほとんどないですし、むしろ仕事以外の趣味打ちに興じることも少なくありません。

昨今の出玉の制限や、ちょうど4月からのホール内原則禁煙化など、パチンコのユーザー離れが心配される中で、それでもなんとか工夫して楽しんでもらいたいという思いでイチ編集部員として雑誌づくりに参加しています。

そんな矢先、それどころではないトドメのような一撃が降りかかってきました。「新型コロナウィルス」、テレビでも連日その名が囁かれ、耳が痛くなるほど聞き飽きた話題かもしれませんが、残念ながらその勢いは留まるところを知りません。

例外なくパチンコ・パチスロ業界も大きな打撃を受けることとなりました。

緊急事態宣言後パチンコ店は休業、大きなお金が動く業界なだけにその損害は計り知れません。1日、2日休んだだけで潰れてしまうお店も少なくないでしょうし、他業種同様、多くの人を困窮に追い込むのには十分過ぎる未曾有の危機に直面しています。

知り合いが働くパチンコ店も休業、そのまま閉店を余儀なくされると聞きました。家族を持つその主の次の仕事はまだ決まっていません。そして、われわれパチンコ・パチスロライターもまた、もちろんお店が開いていないのでホール実戦はおろか、密を避ける意味でも編集部に集まっての収録すら出来ない状況にあります。

3月頃から不穏な空気になり始め、徐々に仕事量が減っていきました。緊急事態宣言を受けて4月、5月に入っていた仕事はバタバタとキャンセルになり、外仕事はゼロに。

それでも専門誌は出続けるので、内容を変更しての執筆、誌面の実戦記事は、家に持っているスロ機や中古で仕入れた実機で対応しています。付属のDVDに関しては動画を家で自撮りしたり過去のものを再録にしたり、慣れない作業も多く試行錯誤の毎日です。仕事の激減で金銭的な苦悩ももれなくつきまとうでしょう。

私自身も生活スタイルがガラリと変わり、家に引きこもる日々がほとんどになりました。自宅で仕事をする以外は、アニメやドラマを観てゲームをして、食事については台所に立つ機会がぐっと増えました。

パチスロ欲はないと言えば嘘になります。が、今はよりリアルな感覚でPCやスマホからも気軽にオンラインゲームでパチンコ・パチスロが遊べるサービスもあり、それらが私を含めたユーザー皆のストレス解消や家での遊戯欲解消に繋がるのではないかと思っています。

人によってはyoutube配信やライブ配信でファンとの交流を深めたり、何か今私たちに出来ることはないかと、新しいことに挑戦しているライターやパチンコ・パチスロタレントも多いようです。

休業協力要請に応じない店舗、他県からのユーザー、何かとテレビの話題に取り上げられることも多く、正直かなり叩かれやすい業界ではありますが、今はぐっと堪える時です。

パチンコ業界も属するエンタメ系の仕事のほとんどは、完全復活は決して早くないかもしれません。人々が生活していく最低限の土台があるうえでの娯楽と認識しているので、このコロナ禍が収まらない限りは難しいでしょう。

みな厳しい状況下にありますが、一日も早い収束、そしてパチンコ・パチスロファンにもまた純粋に楽しんでもらえる日が訪れることを祈っています。そのためにも今、一人一人が後悔しない行動をしなくてはいけませんね。

 

パチンコ専門誌制作 苦境に関連するWiki情報

河原 みのり(かわはら みのり、1989年2月8日 - )は、女性パチスロライター、タレント。元グラビアアイドル。

 

世間の皆さんは今回のパチンコ専門誌制作 苦境の件についてどんな感想をお持ちなのか!?気になる反応はこちらです↓

パチンコ専門誌制作 苦境についてのネットの反応

ただごく一部の店舗だとは思いますが今回の休業要請に対しての非協力的な店の態度は確実にパチンコのイメージを悪くしたし、店が儲けるための開店だとわかっていても行くことを我慢できない客の一種の中毒のような症状を引き起こす危うさが国民には伝わってしまったと思います。
信じられないかもしれないが創刊時は機械の特性と理論に基づいた真の攻略法を掲載してたんだよね。読者はいち早くその情報をキャッチすることに血道をあげたもんだ。
この情報を知ってるか知らないかが天国と地獄の分かれ道。
本当に稼がせてもらいました。
しかしいつのまにか業界と馴れ合うようになって部数を伸ばすことに視点をおくようになり今はただの新台紹介雑誌。
今までパチンコをやってた人もさすがにこの状況では自粛している人が多いと思う。
こんな時に行ったって店が出すわけないのに打たずにいられない依存症たち。
好き勝手やってる人間がコロナに感染しても診なければならない医療関係者が気の毒でならない。
こういう人間は全額自腹でいいと思う。
ライターがイベントで集団で高設定を確保して打ったり、この手のライターが出てきて、必勝ガイドの価値が下がった。最早ただの解析情報誌、中味のないDVDを付録にし、定価も高騰。今は買うことはなくなった。
編集による校正が凄いな。この子はこんな内容を話せる頭の良い子じゃないからね(笑) スロ打って仕事ねですってのは苦労もあるけど、仕事なのかと言われると
そう見えない連中(自称ライター)のほうが多いよ
パチンコ業界にはパチンコ業界ありきの職種、業者が多い。このようなライター、景品業者、装飾屋、台メーカー、コンサルなどいっぱいある。そのほとんど費用が高いボッタクリ。結局客から吸い上げるしかない。正直客からすると、しょうもない芸能人気取りのライターに金出すくらいなら還元しろ!でしょう。もうイベント規制も厳しくなってきてるし【○○来店!】より【○○来店をやめてその分の予算を還元!】にしませんか?
昔のガイドは情報遅いけどメーカーからの情報もらって書いてたから値が正確だった
機種の評価もメジャーな機種じゃなくちゃんとわかってる人にはわかってる機種を上にもってくるところも素晴らしい雑誌だった
他社だと昔自社でROM解析をやって最速で載せてて間違った数字だったりとか
ほんといろんなところが頑張ってておもしろかった
今はどこも同じでつまらんしDVDいらないから安くしろって思う
コロナを機にパチンコスロットを辞める人も増えるのではないか?業界の現状として、度重なる出玉規制、スロットは来年にも5号機撤去で益々出なくなる。市場規模も年々降下・店舗数減少で、業界を支える低貸し打ちの高齢者層ももう何年もすればいなくなる。
政府がメスを入れなくとも、もう勝手に淘汰される業界な気がする。
依存症は問題だが、それは自己責任。人に迷惑をかけたらそれを罰する法律さえ整備されれば良いのではないかと思います。

 

あなたはパチンコ専門誌制作 苦境についての話題についてどう思いましたか?ご意見をコメント欄からどうぞ!!

-未分類

Copyright© 知ったかぶりメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.