ナリタタイシン 死亡が残念過ぎる!?何があったの?

投稿日:

今ネットではナリタタイシン 死亡についてのヤフー記事が話題になっています!

 

ナリタタイシンが老衰の為30歳で亡くなりました・・・。

 

 

ナリタタイシン 死亡についての情報や、ネットでの反応を調べてみました。

 

こちらが記事の詳細です↓

ナリタタイシン 死亡についてのニュース記事

“3強対決”で注目された1993年の皐月賞を制したナリタタイシン(父リヴリア、母タイシンリリイ)が12日、老衰のため繋養先の北海道日高町・ベーシカルコーチングスクールで死んだことが分かった。30歳だった。

ナリタタイシンは現役時、栗東・大久保正陽厩舎の所属馬としてデビュー。2戦目に初勝利を挙げ、5番人気で臨んだラジオたんぱ杯3歳S(阪神、芝2000メートル)で重賞Vを飾った。その後はシンザン記念、弥生賞ともに2着となり、3番人気で臨んだ皐月賞では武豊騎手を背に後方から鮮やかな追い込みを決めて、ビワハヤヒデをクビ差かわして快勝。続くダービーではライバルのウイニングチケット、ビワハヤヒデに屈して3着に敗れたが、翌春に目黒記念V、春天2着と一線級で活躍した。通算成績は15戦4勝。

引退後は種牡馬となったが、産駒による中央競馬での重賞勝ちはなく、種牡馬生活を退いてからは功労馬としてベーシカルコーチングスクールで余生を過ごしていた。年間100人近くのファンが訪れるなど根強い人気を誇っていたという。同場の高橋司代表は「ここ数年は体つきも“おじいちゃん”になっていて、最近は馬房で寝ている時間も多くなりましたが、それまでは草がいっぱい生えた放牧地で悠々自適の毎日を過ごしていました。こちらが迎えに行くと自分から帰ってくるようなルーチンもしっかりのみ込んで、環境や生活に納得しているようでした」と思い出を振り返った。

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため献花台などを設けることはできず、ゆくゆくは供養として北海道平取町にある義経神社に祀られることが予定されている。

ナリタタイシン 死亡に関連するWiki情報

ナリタタイシンは日本の競走馬。1993年の皐月賞をウイニングチケットやビワハヤヒデを破って優勝した。半姉に阪神牝馬特別を勝ったユーセイフェアリーがいる。
※以降、馬齢は全て旧表記(数え年)にて表記する。

 

世間の皆さんはナリタタイシン 死亡の件についてどんな感想をお持ちなのか!?気になる反応はこちらです↓

ナリタタイシン 死亡についてのネットの反応

武豊騎手のマジック炸裂の皐月賞、懐かしい。最初は2強と言われていたクラシック戦線の第一関門をみごとな追い込みで2強を蹴散らした姿は今も鮮明に残ってます。ダービーの府中の直接の追い込みもとどきませんでしたが見応え十分でした。個人的には当時改装の為、阪神で開催された天皇賞春を直で目の当たりにしましたがすごい追い込みでしたね。ありがとう、本当に楽しい瞬間ばかり見せてもらいました。
悲しいけど、のんびりとした時間の中で旅立てて良かったと思いました。ディープみたいな死に方じゃ悲しすぎます。クラシックはいつも馬券買ってました。タイシンありがとうね。
これって今週の皐月賞は武豊騎乗のマイラプソディというナリタタイシンからのお知らせなのかな?
ウイニングチケット、ビワハヤヒデと3冠を分け合った名馬でしたね。
ダービーの直線の追い比べは忘れらません。
審議が長かったような記憶がある。長崎のフエリー乗り場の近くの食堂で見ていたな。
凄い脚だったなぁ〜

 

あなたはナリタタイシン 死亡についての話題についてどう思いましたか?ご意見をコメント欄からどうぞ!!

-未分類

Copyright© 知ったかぶりメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.