スカイツリー展望台 10億分の4秒がやばい!?なんだこれ?

投稿日:

今ネットではスカイツリー展望台 10億分の4秒についてのヤフー記事が話題になっています!

 

スカイツリー展望台 10億分の4秒についての情報や、ネットでの反応を調べてみました。

 

こちらが記事の詳細です↓

スカイツリー展望台 10億分の4秒についてのニュース記事

高さ450メートルの東京スカイツリー展望台の時間は地上よりも1日に10億分の4秒速く進んでいることを、超精密時計「光格子時計」の観測で確かめたとする論文を、香取秀俊東京大教授らが6日付ネイチャーフォトニクス電子版で発表した。

【写真】「ノーベル賞級」超巨大ブラックホールの輪郭の撮影成功

 

世間の皆さんはこのスカイツリー展望台 10億分の4秒の記事についてどんな感想をお持ちなのか!?気になる反応はこちらです↓

スカイツリー展望台 10億分の4秒についてのネットの反応

まぁ、相対性理論の実証は新幹線とかでもやってるけど、それでも改めて思う。
よくこんな理論考えるに至るよな…。
適当に計算してみたけど、スカイツリーに100年間ずっといると、1万分の1秒だけ早く年をとりますね。これは大変。
インターステラーみたいな話だね。重力と時間と空間て面白いね。
科学や理論武装した話は苦手ですが、コロナで暗くなった世にあって、こういう話題を聞くと素直にすごいなぁと感心します。
本当はいっぱい楽しい話題があるのだろうけれど、今はそれに目を向ける機会さえないし、目の敵にして自分からストレスの渦に落ちる人が大勢いる。
だからこそ、たまには違う話題が必要なんだと思う。
記事のおかげで肩の荷が降りたような気がする。。
こういうのは過去にも検証されていたが、実際にやってみるのは面白い。これでノーベル賞はないが、子供たちには興味を持ってもらうにはいい。
ちょっと細かいことはわからないんだけど
450m上の空中回廊としてのスカイツリーでないと検証できない話なの?
標高450mの山の上だと具合悪い話なんかな。
標高だけでいいなら450mのとこでやるより
2000mくらいの山の上の天文台とかでやった方がいいと思うんだけど。
アインシュタインの理論は、とても凄いが、重力から離れられない人類だし、大半が生涯を1Gの地上で生活する人類にとって、時間の経過は同じってことなのかな。
でも、本当なら空飛ぶ仕事の人達は、老化が早いっていうこと(汗)
地球重力時間。
では、地球の重力圏外に出れば、太陽系の重力圏に居る限り、太陽重力時間になり、太陽系重力圏外に出れば、他の大きな重力時間が発生し、近くのブラックホールの影響が大きくなり、そのブラックホールの重力圏外に出て、全く重力の影響を受けない空間に出れば、凄く時間だけが進み、地球に返って来た時、実際の地球の進んだ時間と、宇宙へ行ってた時間のズレが発生するのか?
理論上、光速で移動出来れば、タイムスリップも出来なくはないのか?
重力が大きいほど時間が遅く進むし、スピードが速くても時間は遅く進むはず。
センチ単位の高さの変化を測って、地震や噴火に伴う地面のわずかな動きを監視する応用が期待されている。

 

あなたはスカイツリー展望台 10億分の4秒についての話題についてどう思いましたか?ご意見をコメント欄からどうぞ!!

-未分類

Copyright© 知ったかぶりメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.