ジョン・プライン 死去が残念過ぎる!?何があったの?。

投稿日:

今ネットではジョン・プライン 死去についてのヤフー記事が話題になっています!

 

ジョン・プライン 死去についての情報や、ネットでの反応を調べてみました。

 

こちらが記事の詳細です↓

ジョン・プライン 死去についてのニュース記事

(CNN) 米カントリーミュージックの大御所シンガーソングライター、ジョン・プラインさんが7日、新型コロナウイルスによる合併症のため死去した。73歳だった。

ツイッターの公式アカウントに家族が掲載した声明によると、プラインさんは3月に突然、新型コロナウイルスの症状を発症し、入院して挿管処置を受けていた。

プラインさんはシングルやアルバムを大ヒットさせたことはない。しかし熱心なファンに支持されてグラミー賞を数回受賞、2度のがんを克服して、70代に入ってもレコーディングやツアーを続けていた。

楽曲の多くはプラインさんを慕う多数のミュージシャンによってカバーされ、ボブ・ディランさんは2009年のインタビューの中でプラインさんを絶賛。ローリング・ストーンズ誌は「米作曲界のマーク・トウェイン」と評していた。

シカゴの郊外で育ち、1970年に音楽の道に入るまでは郵便の仕事をしていた。シカゴのバーで飛び入りで歌声を披露していたところ、当時新聞記者だった評論家のロジャー・イーバートさんに見出され、「歌う郵便配達人」として紹介された。

やがてプラインさんの歌声を聴くための行列ができるようになり、当初からのファンだったシンガーソングライター、クリス・クリストファーソンさんの紹介でレコード会社と契約。1971年にデビューアルバムをリリースした。

その後20年以上にわたってアルバムのリリースやコンサートなどの活動を続けていたが、1996年には頸部のがんと診断されて摘出手術を受けた。この手術で舌の神経が傷ついて声のトーンが変わり、復帰できるまでに1年以上を要した。

2013年には再びがんに見舞われたが、この時も左肺の一部を摘出する手術を受けて克服していた。

 

世間の皆さんはこのジョン・プライン 死去の記事についてどんな感想をお持ちなのか!?気になる反応はこちらです↓

ジョン・プライン 死去についてのネットの反応

70歳以上で肺に疾患があればコロナにかかれば厳しいよな。とりあえず、高齢者、疾患持ってる人は
・コロナが1人でもいる街に不要不急に行かない
・もし、仕事や冠婚葬祭で行く場合はコロナがいる病院を把握して、病院に遠いルートを選ぶこと
・コロナが1人でもいる街のコンビニや駅など人が集まりやすい場所は利用しない
・手洗いうがい徹底
・カラオケボックスやラブホテル、大型ショッピングモールなど換気の悪い場所、人が密着する場所、人混みが多い場所に行かない
・外出時はマスクをする。極力出ない
・外出手段は公共交通機関は避け、家族に自家用車を運転してもらう
などをして、自分からかからない工夫しないとかもっと増えるし、もっとガマンしなきゃ行けなくなる。
カントリーのレジェンド! 心よりお悔やみ申し上げます。

 

あなたはジョン・プライン 死去についての話題についてどう思いましたか?ご意見をコメント欄からどうぞ!!

-未分類

Copyright© 知ったかぶりメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.