映画コンテイジョン ヒット理由の予言がやばい!?検証動画あり

投稿日:

今ネットではコンテイジョン ヒット理由についてのヤフー記事が話題になっています!

 

 

コンテイジョン ヒット理由についての情報や、ネットでの反応を調べてみました。

 

こちらが記事の詳細です↓

コンテイジョン ヒット理由についてのニュース記事

Netflix、Amazon プライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

この記事の写真を見る

■9年前の映画がランキングトップに

ここのところNetflixの人気映画ランキング「今日のTOP 10リスト」の1位を走り続けている作品があります。

「恐怖は、ウイルスより早く感染する」がキャッチフレーズのアメリカ映画『コンテイジョン』です。BBCの人気映画コーナー「BBC Talking Movies」でも特集が組まれ、2011年公開映画が日本のみならず世界で再注目されています。

映画『コンテイジョン』が話題を呼んでいる理由は「予言していたのかと思うくらいリアル」だからです。そんな感想がSNS上にあふれています。日本国内でも新型コロナウイルス感染症に対する危機感が高まりつつあるなかで、「今だからこそ見てほしい作品」と薦める声が増えています。

映画の中で描かれる新型ウイルスも決して目には見えないものですが、ウイルスを含んだ飛沫が付着していることを可視化したかのような描写は脳裏に焼き付くほど印象的。学校閉鎖や恐怖が先行して買い占めに走るシーンなど今、現実でまさに起こっていることが描かれています。

映画では香港出張からアメリカに帰国したベス(グウィネス・パルトロウ)が体調を崩し、2日後に亡くなるシーンから始まります。そして、ベスの夫ミッチ(マット・デイモン)が悲しみに暮れる間もなく息子も息絶えてしまいます。

同時に香港、ロンドン、東京でも突然倒れていく人々も描かれ、死因が新型のウイルスであることがわかった頃には時すでに遅し。驚異的な速度で全世界に広がっていきます。

そんな中、動き出したのがアメリカ疾病対策センター(CDC)のエリス・チーヴァー博士(ローレンス・フィッシュバーン)。クラスターを確定させるために感染症調査官のエリン(ケイト・ウィンスレット)を感染地区に送り込みます。

また世界保健機関(WHO)ではスタッフで医師のレオノーラ(マリオン・コティヤール)が香港でウイルスの起源を突き止めようとします。

 

世間の皆さんはこのコンテイジョン ヒット理由の件についてどんな感想をお持ちなのか!?気になる反応はこちらです↓

コンテイジョン ヒット理由についてのネットの反応

いやホントにもう一度観直しました!
コロナと重なり過ぎて怖いですよ〜
PCR検査、濃厚接触者、大量の土葬…。
特に掠奪や食糧供給パニックは、真実味ありすぎましたね。
最後にワクチンの順番待ちもリアルでした。
必見ですね。
この作品の主役は出演時間的にも人々を嘘で扇動するブロガーを演じてるジュード・ロウ。SNSが一般に広まる前の2011制作なのにフェイクニュースが蔓延している現代社会を予言しているのが凄い。作中の「レンギョウ」がアビガンであり、BCGかもしれない。未知のウイルスとの闘いは恐ろしい。
最近、よく今回の騒ぎを予言といったフレーズを見るけど、現代社会で感染症が発生した場合に起こりえる状況などは、ちょっと感染症対策をかじったことのある者なら、専門家ならずとも、相当程度、想定できる。
過去には天然痘、ペスト、脈々と続くインフルエンザ。20世紀に入ってからでも、スペイン、アジア、香港の各新型フルが発生し、最近ではH5N1の変異の脅威が叫ばれるなか、実際に2009年に豚フルのパンデミックが起こった。言ってみれば、人類の歴史は感染症との戦いの歴史なのだ。
にもかかわらず、散々、民主党の危機管理能力を批判し、危機管理への対応を強調していた現政権、そして、優秀な成績を修めた官僚からなる政府の無策、対応の遅れは目を覆わんばかりだ。
まあ、人間社会というものは、そんなものと言ってしまえば、それまでなのかもしれないが、あまりにもお粗末すぎると思うよ。
ブラックアウトの時、シンゴジラ見ながら、地震起きたらどうしたらいいかと思っていた。もともとパニック映画は苦手だったけど、危機が迫った時の行動と考え方を勉強と思いながら見ると、勉強になる。これも、怖いけど見てみよう。昨日気が付いたけど、自分はよく顔を触っているなと思った。髪を切って(美容室いかないで!家で自分で切る!)顔にかからないようにする、家でも頻繁に手を洗う、スマホを消毒や洗う、を気をつけよう。
これは災害や国防に近いと考えます。
苦肉の策で乗り切ったとしても、新たなウイルスは、また襲ってきます。
検査やデーター収集能力の強化は、国のダメージを最小限に抑えるため、重要な課題であると考えます。

財政出動を渋れば、税収も減るわけで、感染対策が経済対策になるという考えのもと、対策の強化を要望します。

自然免疫の継続期間や、ウイルス変異など、未知なる部分の解明のために、軽症者に対する抗体検査が必要であると考えます。

PCR検査に関しては、保健所で対応出来る域をはるかに超えています。
日本医師会は、感染リスクを軽減できるとして、抗体検査体制の整備を要望しています。

抗体検査は、特別な装置不要で10分で結果が分かり、過去の感染も分かります。
大塚耕平議員も参院本会議で、抗体検査の導入を呼び掛けました。

イギリス、ドイツ、オランダでは、大規模な抗体テストが始まっているようです。

出演俳優は豪華だしリアルだったけど、そこまで評価するほど面白いということはなかったかな。ただ漢方薬に使われる材料の1つがウィルスに効くというデマがまわって人々が殺到するというのは非常にリアルで怖いかと思います。

 

あなたはコンテイジョン ヒット理由についての話題についてどう思いましたか?ご意見をコメント欄からどうぞ!!

-未分類

Copyright© 知ったかぶりメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.