アンミカ 父 約束した3つの条件とは!?

投稿日:

今ネットではアンミカ 父 約束についてのヤフー記事が話題になっています!

 

父親からショーモデルになることを許してもらうにあたって以下の3つの約束をアンミカさんはしたそうです↓

 

  1. まず実家を出ること。
  2. 一流モデルになるまで帰ってこないこと。
  3. そして新聞を読むこと。 

新聞を読むことというのはつまり、教養を詰む・勉強をするということでしょうかね?

 

アンミカ 父 約束についての情報やネットでの反応を調べてみました。

 

こちらが記事の詳細です↓

アンミカ 父 約束についてのニュース記事

そのポジティブなキャラクターが人気を博し、バラエティー番組でも活躍するアン ミカさん。作家・林真理子さんとの対談では、貧乏時代や愛する夫との暮らしぶりまで、マリコさんが迫ります。

林:アン ミカさん、前はファッションモデルという肩書だったけど、最近はテレビにいっぱい出て、コメンテーターとしてもご活躍で、お話はおもしろいし、言うことは鋭いし、きれいごと言わないし、ほかの人とちょっと違うという感じですよね。

アン ミカ:ありがとうございます。勇気がいるんですけどね。お節介かもしれないけど、電波を通じてこの声が伝わればいいな、一石を投じられたらいいなと思っているんです。誰かをただただ批判するというのはイヤなんですよ。

林:中でも「パリコレ学」(「林先生の初耳学」内のコーナー「アン ミカ先生が教えるパリコレ学」)すごくおもしろかったです。

アン ミカ:自分で言うのもおこがましいですけど、書類も受からない、オーディションにも呼ばれない段階で世界のトップデザイナーに会う機会なんてまずないんですよ。なのに、トップデザイナーに怒ってもらって、ダメな理由を言ってもらえるんですから、「パリコレ学」の生徒たちが本当にうらやましかったです。

林:私から見ると、カンペキにきれいな人たちに見えましたけど。

アン ミカ:きれいな人もスタイルがいい人も山盛りいます。それだけでは通用しない。光るものがないと。オーディションに行っても5秒で帰されたり、一瞬、目が合ったか合わないかで、「違う」と思われたら玄関先で帰されちゃうわけですよ。

林:厳しいですねえ。

アン ミカ:だからこそ「パリコレ学」は私もあえて厳しい言葉を使って、次にどれだけアップデートをしてくるかを見ていました。

林:言うまでもなく、ご自身はパリコレのモデルとしてランウェーをお歩きになったわけですけど、ご自分が初めてパリコレのオーディションを受けたときも、彼女たちみたいな洗礼を受けたんですか。

アン ミカ:もう1回目はボロボロでした。19歳のときに5万円握りしめてパリに行ったんです。うちは貧乏で、4畳半に7人で暮らしてるような家だったんです。母親も早く他界したり、小中高とずっと新聞配達をしたりしてたので、早く働きたいという気持ちが強くて、15歳からモデル事務所に入ったんです。でも、まったく芽が出なくて、服飾専門学校のデッサンモデルといって、レオタード着てヒールはいて1時間半とか立ちっぱなしで、1日5千円もらえるのが最高の仕事というぐらい売れなかったんですよ。

林:信じられないです。

アン ミカ:どうしてもショーモデルをやりたくて、親に言ったら、父から三つの条件を出されて許してもらったんです。妹と弟がいて、たまに大きいお金を持って帰ってくるとお金の価値が狂ってしまうから、まず実家を出ること。一流モデルになるまで帰ってこないこと。そして新聞を読むこと。社会がどこに向かっているかがわかるから。

林:素晴らしいお父さまですね。

アン ミカ:資格をいま19個持ってるのも、父のおかげなんです。だからこそ、父との約束を守るため一流モデルになりたくてパリにすぐ挑戦しに行きました。

林:名門の延世大学(韓国)に行って韓国語も勉強し直したんでしょう?

アン ミカ:そうです。私が20代の終わりのころ、父が亡くなってしまったんですけど、その翌年がサッカーの日韓ワールドカップ(2002年)だったんですよ。日本と韓国のいいところを知る自分としてはお役に立てるはずなのに、ワールドカップ関係のオーディションに一個も受からなかったんです。

林:それは韓国語ができなかったからですか。

アン ミカ:ちょっとはできるんですけど、読み書きは一切できなかったんです。母は私が15歳のときに亡くなりましたし、父も亡くなったので、自分のルーツを知るためにも、両親のお墓をつくりに韓国にきょうだい全員で初めて行ったんです。

林:お墓は済州島でしたっけ。

アン ミカ:済州島です。親戚に会って、「やっと来てくれたか」と言ってくれると思いきや、「自分たちを裏切って日本でぜいたくをしている人」と思い込まれていて、ちょっと温度差があったんですよ。「今まで墓守をしてたんだからお金が欲しい」みたいな話になっちゃって、自分たちの正しいルーツを理解することができなかったんです。

アンミカ 父 約束に関連するWiki情報

アン ミカ(AHN MIKA、1972年3月25日 - )は、大韓民国(通称:韓国)出身で大阪市育ちのTENCARAT所属の女性ファッションモデル。1993年(平成5年)にパリコレに初参加以後、モデル業以外でも、テレビ・ラジオ出演、ジュエリー・ファッションデザイナー、化粧品プロデュース、エッセイ執筆や講演、シンガーなど、様々な方面で活動。世界標準マナーのEPM プロトコールアドバイザー、漢方養生指導士、化粧品検定1級、NARD アロマアドバイザーなど様々な美容関連の資格を所持。2013年アメリカ人の実業家と結婚。テレビ番組に夫婦で度々出演。2009年より韓国名誉広報大使、2013年より初代大阪観光大使に就任。

 

世間の皆さんは今回のアンミカ 父 約束の件についてどんな感想をお持ちなのか!?気になる反応はこちらです↓

アンミカ 父 約束についてのネットの反応

きれいとは思ったことないけど姿勢が良いのでおばさんには見えないね。芸能人って仮面が多いけど、この人は本気で幸せそうで羨ましい。
今も綺麗じゃないですよね。。。
もともと、綺麗ではないし、ただ化粧がメチャクチャ濃いだけの人だと思います
正直で前向きなところは
評価できるよね。
あと、貧乏で培った根性とか。
あなたはアンミカ 父 約束についての話題についてどう思いましたか?ご意見をコメント欄からどうぞ!!

-芸能

Copyright© 知ったかぶりメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.