アビガン 量産開始が残念過ぎる件について。

投稿日:

今ネットではアビガン 量産開始について話題になっています!

 

アビガン 量産開始についての情報やネットでの反応を調べてみました。

アビガン 量産開始のWiki情報

ファビピラビル(英: Favipiravir、中: 法匹拉韦、法匹拉韋)は、富山大学医学部教授の白木公康と富士フイルムホールディングス傘下の富山化学工業(現:富士フイルム富山化学)が共同研究で開発した核酸アナログでRNA依存性RNAポリメラーゼ阻害剤である。開発コードのT-705、あるいは商品名であるアビガン錠 (Avigan Tablet) の名前でも呼ばれる。
中華人民共和国では、浙江海正薬業股份有限公司がライセンスを取得して生産していた。ただし、2019年に、中国における富士フイルムのファビピラビルの物質特許は失効しており、それ以降はライセンスによらずに、後発医薬品(商品名「法维拉韦」)として製造している。

アビガン 量産開始についてのニュース記事

安倍晋三首相は28日、首相官邸で記者会見し、新型コロナウイルスに感染した患者に対し、臨床研究(観察研究)として使い始めている新型インフルエンザ治療薬「アビガン」(一般名ファビピラビル)について、薬事承認を目指す考えを示した。「正式に承認するに当たって必要となる治験プロセスも開始する考えだ」と述べた。

【写真】坂本龍一に清志郎が警告していた コロナ危機「その後」

アビガンは新型インフルエンザ治療薬として備蓄されているが、中国で新型コロナウイルスの治療効果が確認されたとの報告が出ている。安倍首相は「世界の多くの国から関心が寄せられている」として、薬の量産を開始するとした。

ただ、アビガンについては妊婦が服用すると胎児に副作用が出るおそれが指摘され、新型インフルエンザ薬としても従来の治療薬では効果がないか不十分なときに限って使用が認められている。

また、膵炎(すいえん)の治療薬「フサン」(一般名ナファモスタットメシル酸塩)についても、観察研究として、新型コロナウイルスに感染した患者に対し、事前に同意を得たうえで使い始める考えも表明した。(小林舞子、三上元)

アビガン 量産開始についてのネットの反応

アビガンは高齢者には妊娠のリスクも無いから副作用の心配はしなくても良いのではないか?すでにインフルエンザ治療薬として承認されていたので厚労省では200万錠の在庫があるのだろう。
HIV治療薬や喘息のクスリ、また膵臓治療薬など30年も前から使われているクスリにも薬効が確認されている。いつになったら出来上がるワクチンを待つより、感染者の同意のもとで積極的に使ってほしいものだ。感染者に対して丁寧な説明を経て同意の上で投薬する勇気を持ってほしい。
アビガンは新型インフルエンザの切り札。
だから、国会管理下に置かれていた。
これに耐性を示すインフルが出てきた時はもっとパンデミックが起きるだろう。
これを使うのには相当政治決断がいったであろう。今ある危機には仕方ないだらうけど!
中国が使い出したから、時すでに遅しであるが。ウイルスが耐性を持たない事を祈る。
安全性に問題無く効果が確認できていれば、アビガンを早く使うべきです。日本は積極的にこの薬を使用して爆発的な感染を止める事が出来れば、世界を安心させる事になります。
コロナの治療薬開発に携わっている方は大変です。コメ主のように何も知らずに、がんばって対応している方を罵倒するのはやめませんか。あなたができることは他にありませんか?
副作用を考えれば、若い男女にはこれは使わないほうがいい。しかし、妊娠の心配が必要のない高齢者に早い段階から処方して改善が見られれば、本当に重篤な患者にベッドがあけられるのでは?
アビガンは動物実験で催奇性が認められ、妊婦にはもちろん禁忌ですが、妊娠の可能性がない人又は避妊をすれば使用よいのでは!重症例には効かないと言われているので、死亡率を下げるために重症化する前に、服薬指導、管理をして積極的に使用したら良いと思います。
ワクチンの開発には相当の時間がかかりそうですが、頑張って下さい。やはり現状は、既存薬品を応用した治療となりそうです。昨日、首相がアビカンの治験を言及しましたが、3月始めに感染症学会から報告がありました喘息治療薬オルベスコのスクリーニングが実施されていると思いますが、結果はどうなっているんでしょうか。この薬は、副作用等の知見は十分でしょうし、最も安心な治療薬となるのではないかと思っているのですが、何をしていのでしょうか。
新薬の副作用リスクが低いのは、やはり持病のない人。持病があると新しい薬にもあまり希望が持てない。やはり、どんな人でも弱い人にうつさないように気を付けることが大切。
アメリカも日本も新たなワクチンを1から作るのに1年から1年半かかると言われています。
妊娠で子供に奇形が発生するから、若者には投与しにくいけど、妊娠に関係なければ投与できるね。男性の場合は年を取ってもパートナーが妊娠する可能性あるから、男性の方が薬投与前の説明に時間かかるね。重症化しやすい高齢者中心の投与になると思いますね。
心配なのは、副作用で異常行動が出ないかどうかと、未知の副作用が出る可能性があるくらいかな。

-未分類

Copyright© 知ったかぶりメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.