みさき公園 閉園がやばい!?どういうこと?

投稿日:

今ネットではみさき公園 閉園についてのヤフー記事が話題になっています!

 

みさき公園 閉園についての情報やネットでの反応を調べてみました。

 

こちらが記事の詳細です↓

みさき公園 閉園についてのニュース記事

身近な遊園地として63年間親しまれてきた大阪府岬町の「みさき公園」が31日、最終日を迎えた。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2回の臨時休園を余儀なくされたが、この日は園の最後を見届けようと多くの来場者が集まった。

同園は2月末から休園し、3月24日に屋外施設のみ営業を再開したものの、大阪府の外出自粛要請を受けて最後の週末となる28、29両日は再び休園していた。園は感染防止策として、来場者に体温計測と手指のアルコール消毒を実施。人気のイルカショーは、人が密集しないよう事前抽選で入場を定員の5分の1程度に制限した。

真貝征志郎園長は「最後まで開園できるか心配したが、閉園の日を迎えることができた。多くの人に愛されてきたことを実感した」と感謝。2人の息子と訪れた近くに住む主婦、小泉優さん(32)は「閉園は寂しいが、息子が大好きなイルカショーを最後に見られて感動した」と話した。

同園は南海電鉄(大阪市)が開業したが、2019年3月、赤字経営を理由に事業撤退を発表。跡地は無償で岬町が譲り受け、一部を残して新たな公園とする方針で、民間事業者を公募する。約450頭の動物は和歌山県白浜町の「アドベンチャーワールド」などに引き取られる予定。【宮川佐知子】

みさき公園 閉園に関連するWiki情報

みさき公園(みさきこうえん)は、大阪府泉南郡岬町にある都市公園で、南海電気鉄道(南海)が創業70周年記念事業として1957年4月1日に開業。2020年3月31日までは、日本動物園水族館協会加盟の施設として、遊園地・動物園・水族館などを運営している。
南海では、園内の営業管理業務を南海アミューズメント株式会社へ、園内の施設管理業務を南海ビルサービス株式会社へ委託している。しかし、2019年3月26日に、上記の業務を含む当園の運営から撤退する方針を発表。運営を引き継ぐ事業者との交渉を進めていたが、合意に至らなかったため、2020年3月31日で動物園・水族館の営業を終了することが決まった。遊園地についても、南海が同日を最後に運営から撤退するため、翌4月1日から営業をいったん休止する。
その一方で、南海は一部のエリア(遊園地など)を残したまま、2020年度にも敷地と(遊園地エリアを含む)建物・施設の一部を岬町に無償で譲渡。岬町は、譲渡を受けた後に、町営の自然公園として2021年度の再オープンを予定している。「みさき公園」という名称は町営公園にも引き継がれるが、譲渡後の遊園地エリアの扱いは未定。

 

世間の皆さんは今回のみさき公園 閉園の件についてどんな感想をお持ちなのか!?気になる反応はこちらです↓

みさき公園 閉園についてのネットの反応

コメントはまだないようですね・・・(´·ω·`)

 

あなたはみさき公園 閉園についての話題についてどう思いましたか?ご意見をコメント欄からどうぞ!!

-未分類

Copyright© 知ったかぶりメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.